日本全国送料無料
海外へは¥2000~の送料がかかります。
はじめにお読みください。

ブログ

2018/04/25 19:00

金属アレルギーとは?


金属が原因で起こるアレルギーで、触れた金属が皮膚から出る汗によってイオン化したときに発症することがあります。
症状はかゆみや発疹、水疱などのかぶれなどですが、人によって違うようです。
ピアス・指輪・ネックレス・時計・ベルト・メガネ・歯の金属の詰め物などで反応がでることも。
冬は大丈夫でも、暖かくなって汗をかく季節になると症状がでる場合もありますし、大人になって発症する方もいます。


金属アレルギーだったら、指輪はあきらめる?


いいえ、アレルギーを起こしにくい金属の指輪を選ぶこともできます。

もし18金やプラチナ(Pt900など)でアレルギーが出てしまう方でも、レアメタルのチタン、ジルコニウム、ハフニュウム、タンタルといった肌に優しい素材もあります。
全ての方にアレルギー反応が出ないということではありませんが、多くの方が素材選びで問題を解決されています。


婚約指輪をつけて、初めて金属アレルギーだと気付く方も


女性でも普段あまりアクセサリーをしない方は、婚約指輪(エンゲージリング)をもらった後でアレルギーだと気付くケースもあります。
それからアレルギーフリー素材の結婚指輪(マリッジリング)を探して、セブンドリームスの店舗に来る方もいらっしゃいます。
特に結婚指輪は毎日着ける方が多いので、安心な素材選びが必要です。
なかなか買い換えられるものではないので、出来れば購入前にアレルギーについて知っておいた方が安心です。


心配な方は皮膚科で検査を


金属アレルギーは、専門の医療機関(皮膚科)で検査ができます。
パッチテスト(アレルギーの疑いのある材料を付けたシールを、背中や腕に貼って検査をする方法)が一般的です。
どの金属に対してアレルギー反応が出るのか、出ないのか調べてもらえますので、もしご心配であれば一度検査を受けることをおすすめします。


指輪の素材選びは慎重に


一生もののブライダルリング、デザインももちろん大事ですが、素材選びも大切です。
ずっと着けられる指輪を、選んでくださいね。




セブンドリームス ベイズショップ 店長 高橋



福岡市中央区平和3丁目11-5 1F
TEL: 092-526-2155
E-mail:opalmiki@gmail.com